利回りを再計算しよう

女性

サラリーマンの間で話題になっている副収入の1つが家賃収入です。不動産投資をすることで、給料とは別に安定した収入を確保することができます。不動産投資情報サイトを見ると実に様々な投資物件が掲載されています。利回りも幅広く、5%台のものあれば10%を超えるものもあります。ここで気を付けなければいけないことは、単に利回りが高いからといって、その投資物件に飛びついてはいけないということです。利回りが高い理由を確認しておきましょう。例えば家賃収入を疑ってみるのもその1つの手段です。不動産投資における利回りは年間家賃を売却希望価格で割って出しています。そのため、年間家賃が下がるか、もしくは売却希望価格が上がるか、またはその両方が起これば利回りは低下してます。年間家賃収入は入居者がいれば、実際の家賃が掲載されていますし、空室であれば実勢の家賃収入にあった想定家賃が掲載されています。ここで、入居者がいるからといって安心してはいけません。もしも、その入居者が退去した場合に、次はどれくらいの家賃になるのかということを考えておきましょう。家賃の周辺相場は賃貸情報サイトで調べることができます。また、最近ではマンションごとに家賃が一覧になっているようなサイトもあります。これらのサイトをチェックして、周辺相場よりも高ければ、新たな募集をかける際には家賃が下がる可能性があります。この場合には、その新たな家賃で利回りを再計算しましょう。ここまで考えて不動産投資をすれば失敗することはありません。