利点があるサービスです

積み木

リスクが減らせます

家賃債務保証とは、賃貸借契約の際に親族などの連帯保証人に代わって第三者が連帯保証人となるサービスを指します。身寄りのない高齢者や親族に連帯保証人を頼みづらい方も中にはいます。同様に、連帯保証人になった方の収入に変化があり、債務を果たすことができないといった状況に陥ることも考えられます。以上のように借りている方が家賃を払えない状況であり、かつ、連帯保証人がいない場合や連帯保証人がいても債務を果たすことが難しい場合、貸主側としてはリスクを負うことになります。家賃債務保証のサービスを利用していない場合、貸主の考えられる具体的なリスクとして挙げられるのが家賃の滞納です。家賃の滞納が続くと、貸主側としては収入が不安定になります。そのようなリスクを避けるために、家賃債務保証というサービスはとても有効です。家賃債務保証のサービスを利用していることで、借りている方に家賃の滞納などの債務不履行があったとしても立替払いをしてくれるため、収入が安定しやすくなります。ただし、家賃債務保証のサービスはボランティアではなくビジネスであるため、立て替えてもらった分に関しては後できちんと支払う必要があります。後々トラブルにならないためにも、入居時にしっかりと家賃債務保証というサービスについて説明をすること、そして貸主側も借主側も納得してこのサービスを利用することが大事です。同時に、利用する前に審査があることも伝えることが大切です。